最終話 タスキがあるからボクらは走れる【試し読み公開】

最終話 タスキがあるからボクらは走れる【試し読み公開】

公開終了しました

最終話 タスキがあるからボクらは走れる【試し読み公開】

2018年09月01日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
足の裏のイーリス

足の裏のイーリス

栗元健太郎/咲

横田中学陸上部・園田ガク。彼は、誰よりも走ることが好きで誰よりも速くなりたかった。だが、ガクは決めていた。中学最後の記録会で「走ることを辞める」——と。彼を苦しめたのは「144cm」という平均を遥か下回る身長。満足な結果も出ず、頑張れば頑張るほど周りからバカにされた。それでも努力することを止められなかった。「身長なんて自分ではどうしようもないものに負けたまま、陸上を終わりたくない」誰も注目していない、小さな非公式の記録会。ガクが選んだ最後の舞台で、ガクを待っていたのは運命的な出会いだった。今、ここに高校駅伝の聖地・都大路への扉が開かれる——!!

コミックス情報

足の裏のイーリス1(ヒーローズコミックス)

足の裏のイーリス1(ヒーローズコミックス)

栗元健太郎, 咲

Amazonで買う 楽天ブックスで買う
足の裏のイーリス(2) (ヒーローズコミックス)

足の裏のイーリス(2) (ヒーローズコミックス)

栗元健太郎/咲

Amazonで買う 楽天ブックスで買う